マーケティング担当者は、複数のソースからの絶え間ないデータの津波に絶えず対処しており、それをすべてどうするか疑問に思っています。注意しないと、「分析麻痺」という悪いケースに陥りがちです。

データが多すぎて圧倒されるたびに、ペプシコのCEOであり、1980年にフォーチュンから「アメリカで最もタフな10人のボス」の1人に選ばれたアンディピアソンを思い出します。神はアンディとの出会いで準備が不十分だった人を助けたので、その区別は当然のことでした。たくさんの事実と数字を彼と共有しただけでは、彼は役員室で叫びます。だから何?それで?!"多くのペプシコのキャリアは、発表者が次に何をしたかに基づいて作成または破棄されました。

共有されているデータが多すぎる会議に参加しているときはいつでも、アンディの鮮やかなイメージが頭に浮かびます。アンディの質問を(丁寧に)プレゼンターに質問したいのですが、「何ですか?だから何?それで?!"マーケティング担当者は今日、前例のない量のデータを扱っているため、チームや管理者と主要なデータを分析して共有するときは、この警告を頭に入れておくことが重要です。

「何が」豊富にある–視聴者の人口統計、態度、行動、デジタルの好み、競争力のあるデータであり、自由に利用できるすべての運用データと財務データが含まれます。すばらしいデータをすべて消費者の洞察に変え、ビジネスを構築するための有意義な行動に変える場合、成功の鍵は「そう何を」と「今何を」にある必要があります。

Soapboxは、コミュニティのマーケティング担当者が業界に関する見解や意見を共有するための特別な機能です。自分で提出できます ここに


この記事で表明されている意見はゲストの著者のものであり、必ずしもマーケティングランドではありません。スタッフの著者がリストされています ここに


著者について



Source link